紀行集

文明の十字路 西トルコ紀行

旅の始まり

ケマル・アタテュルク

チャナッカレ

トロイ戦争

トロイ遺跡

ハインリッヒ・
シュリーマン

イズミール

エフェソス

エフェソスの遺跡

チョプシシ

ナザールポンジュウ

割礼  

トルコの田舎は男社会

デニズリ

パムッカレ

ヒエラポリス

砂糖大根

トルコ人は
どこから来たのか?

トルコ系諸民族
(テュルク)の勃興

イスラムの台頭

モンゴル高原から
中央アジアへ

セルジュークの建国

アナトリアに進出

十字軍

ルーム・セルジューク
の首都コンヤ

キャラバン・サライ

カッパドキア

カイマクルの地下都市

ウチヒサール

妖精の煙突

ギョレメ野外博物館

洞窟レストラン

絨毯屋

キリム

ガーリップ工

トゥズ湖

アンカラ

エルトゥールル号の遭難

野田正太郎

山田寅次郎

北アナトリア断層

ボスポラス海峡

イスタンブール

オスマン帝国

ブルーモスク

アヤ・ソフィア大聖堂

トプカプ宮殿

ガラタ橋

グランドバザール

マルマラ海の夜景

ベリーダンス

トルコのイスラム教

帰路

 

文明の十字路 西トルコ紀行

イタリア紀行

北京・西安・上海 駆け足の旅

叡山千日回峰行一日体験記

熊野古道

大峯山峯入紀行

癒しの里「美山」

柳生街道

 

小説 皇位争乱

 

写真集

中央ヨーロッパ

ドイツ

  ドイツ<ベルリン>
ベルリン

  ペルガモン博物館
ペルガモン博物館

  ポツダム
ポツダム

  マイセン
マイセン

  ドレスデン
ドレスデン

オーストリア

  ザルツブルグ
ザルツブルグ

  ハルシュタット
ハルシュタット

  ウイーン
ウイーン

チェコ

  プラハ
プラハ

  チェスキークルムロフ
チェスキークルムロフ

ハンガリー

  ブダペスト
ブダペスト

  エステルゴム
エステルゴム

  センテンドレ
センテンドレ

イタリア

  ローマ
ローマ

  アッシジ
アッシジ

  ポンペイ
ポンペイ

  ナポリ
ナポリ

  ソレント
ソレント

  カプリ島
カプリ島

  フィレンツェ
フィレンツェ

  ヴェネチア
ヴェネチア

  ヴェローナ
ヴェローナ

  ミラノ
ミラノ

スペイン

  バルセロナ
バルセロナ

  バレンシア
バレンシア

  クエンカ
クエンカ

  トレド
トレド

  マドリッド
マドリッド

  ラ・マンチャ
ラ・マンチャ

  コルドバ
コルドバ

  グラナダ
グラナダ

  ミハス
ミハス

  セビリア
セビリア

ポルトガル

  エヴォラ
エヴォラ

  リスボン
リスボン

  シントラ
シントラ

  ロカ岬
ロカ岬

トルコ

  トロイ遺跡
トロイ遺跡

  エフェソス
エフェソス

  パムッカレ
パムッカレ

  コンヤ
コンヤ

  カッパドキア
カッパドキア

  イスタンブール
イスタンブール

北京・西安・上海

  天安門
天安門

  故宮
故宮

  万里の長城
万里の長城

  西安
西安

  兵馬俑坑
兵馬俑坑

  上海
上海

ハワイ・ホノルル

  ワイキキ
ワイキキ

  ポリネシアン ショー
ポリネシアン ショー

  モアナルア ガーデン
モアナルア ガーデン

  アリゾナ記念館
アリゾナ記念館

  グランドキャニオン
グランドキャニオン

  我が家のペット「クー」
我が家のペット「クー」

 

文明の十字路 西トルコ紀行

 

旅の始まり
 
十二月の初旬、西トルコを巡るツアーに参加した。パリのドゴール空港を経由してトルコのイスタンブールまでおよそ十六時間半の空の旅であった。
 十三時間の長い長い禁煙を我慢して到着したドゴール空港は零下二度、雪が舞い空港は真っ白であった。
 乗り継ぎまで一時間半、迷路のような通路を通り、着いた所は売店も喫茶店も無く、座る椅子も無い閑散とした場所で待つ事になった。ぽつんと一人、椅子に座っている空港の係員に喫煙場所を聞いてみたがもちろん喫煙場所はなかった。
 ツアーの一行は総勢三十八名、関空で初対面の挨拶を交わした程度でまだ打ち解けて談笑出来る仲でもなく、ただ時間が過ぎ去るのを待った。
 やっと、飛行機に乗り込みイスタンブールまでおよそ三時間半、イスタンブールのアタテュルク国際空港に着いたのは現地時間で二十三時であった。
 トルコと日本との時差はマイナス七時間、フランスで出発時刻を確認するために現地時間に合わせて八時間マイナスしたので、トルコに到着し一時間プラスして時計を現地時間に合わせた。 
添乗員から現地通貨に両替を勧められて空港内の銀行に立ち寄った。夜中の二十三時に銀行が開いている事にまず驚かされた。
 添乗員にいくらほど両替したら良いかと聞くと当面五千円ほど両替すれば良いのではとのアドバイスが有り、銀行で四十ドル両替すると一千万トルコリラ札三枚、五百万トルコリラ札四枚百万トルコリラ札六枚、合計五千六百万トルコリラを受取り、突然大金持ちになった感じで余りのインフレに驚かされた次第。
 両替を済ませてバス乗り場に向かうと夜中にもかかわらず空港に現地ガイドのベルマさんが「メルハバ
(MERHABA 今日は)」と出迎えてくれた。バスに乗り込み席に着くとガイドのベルマさんから運転手の紹介があった。
 運転手のお名前は忘れたがスーツにネクタイ姿の温厚な中年紳士であった。彼は三笠宮様がトルコを訪問された時は何時も運転手を務めているそうである。
(三笠宮崇仁(たかひと)親王殿下が「日本・トルコ協会」「(財)中近東文化センター」の名誉総裁に就任している関係で三笠宮家は度々トルコを訪問している。三笠宮崇仁親王殿下は1963,86,93年の三度、訪土され、三笠宮寛仁(ともひと)親王殿下は1990,98,2002、03(6月と10月の二度)、04、05年と七度、訪土されている。)
 イスタンブールのホテルに到着したのは午前零時をまわっていた。到着して現地ガイドのベルマさんから翌日のスケジュールの説明があった。
 「翌日は五時起床、五時半から朝食、六時に出発しダーダネルス海峡をフェリーで渡りトロイへ、トロイの遺跡を観光しその後イズミールへ向かいます。」この説明がこの旅の強行軍を告げる最初の説明であった。部屋の鍵を受け取り、シャワーを浴びて就寝したのは午前一時をまわっていた。
 翌朝、朝食を済ませバスに乗り込んだがまだ辺りは真っ暗であった。三十分ほど走ると薄闇の中にマルマラ海が見え、しだいに夜明け前の明るさとなり七時過ぎ空が赤みを帯びて日の出となった。実に素晴らしい日の出の光景であった。
 マルマラ海はヨーロッパとアジアを分かつトルコの内海である。北の黒海とはボスポラス海峡で繋がり、ダーダネル海峡を通じてエーゲ海
(地中海)に通じている。
 
      旧トルコ紙幣  
旧トルコ紙幣
(2005年1月1日にデノミが行われ現在は100万トルコリラが1トルコリラに通過切り下げが行われた。上の紙幣は旅行した時の旧紙幣である。総額3、675万トルコリラ、円貨に換算すると3、281円である。)



  文明の十字路 西トルコ紀行 
説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: カウンター
説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: カウンター